カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

春夏秋冬、自然の営みの中で一粒一粒の梅の成長を見守ります

紀州小阪農園のこだわり

【はぶたえ梅を目指して】

園主 小阪孝太郎 はぶたえ梅を目指して




【肥料について】

梅の出来栄えを決めるのは肥料です。
当園では、一年を通して有機質肥料を主体とした醗酵肥料を使用しています。
あらかじめ醗酵している為、梅の木や畑の土に優しいのが特徴です。
特に梅の実が大きくなる時期の肥料は、魚粉・骨粉・菜種などの有機肥料を自家ブレンド そして、時間をかけて自家醗酵させて作ります。
味噌・醤油といった醗酵食品とにた工程で作ります。
手間のかかる作業ですが、まろやかな上質の梅干をつくる為の大切な作業と信じ十数年続けているこだわりです。





【農薬について】

−減農薬への誓い−
梅の木は、もともと病害虫に弱い果樹です。
良質の梅干を作る為に、南高梅は樹上で完熟させます。
そのことが梅の木にとっても大きな負担となっています。
当園では、過去の行き過ぎた減農薬栽培によって全滅するというにがい経験もあり、毎年良質で安定した生産を続ける為に最低限の農薬使用は、やむ得ないと考えています。

現在農薬については、国が安全基準を設けています。
そして毎年のように薬剤の見直しがなされています。
年々指導も厳しくなり農薬の使用に関しては使用履歴の報告義務付けと当園でもJAへ残留農薬検査用のサンプリング提出も行っています。

私達農に携るものとして安全なものを生産することは当然のこととして

1.国の定める農薬使用基準を厳守して使用します。
2.必要以上の農薬は、使用しません。
3.常に散布回数と散布量と減らす努力をします。

当たり前のことを、当たり前にに行うことをお誓いします。
そして、今後も皆様の信頼に答えられる農園づくりに努めます。